ヒストリア古代兵器まとめ 2020-09-19 18:41 Unit・龍
大砂漠の生態知識をコンプしたい人に捧げるヒストリア古代兵器の特徴レポート

全体評価:古代兵器にはバウンド攻撃が効かない。しかし、ほとんどの場合は硬直ダメージが有効。効率化を狙って兵器の集団ごと掃討しようとしても圧倒的体力で負けてしまうので単独行動しているモブを狙うのがコツ。

カルキッシュ
両腕両脚ともにスリムな型をしている。ワープして攻撃してくることもあるので遠くに逃げても油断は禁物。
勇敢に立ち向かう際にも、連続攻撃による大ダメージに注意。

ボードカン
ツノなしカブアミレスみたいなもの。攻撃パターンもカブアミレスに酷似している。

トゥートゥーカ
フラミンゴもどき。細長い脚で蹴る攻撃を仕掛ける。個人的には古代兵器の中で一番弱い。

タンコ
第一印象は浮遊している首なしの何か。腕の振り回しと振り落とし攻撃を主とする。
中でも図体のデカいタンコはナーガでいうところの門番長に当たる。

トゥカル・バルテン
盾と斧を武器にしている。今まで出てきた遺跡守護兵器に似ているが、頭はどうやら牛の形らしい。
斧と盾のコンボ攻撃を仕掛けてくる。
硬直ダメージも効かない

エルテン
あからさまに象の頭をしている古代兵器。持っている武器はナタと盾。時々ビームを撃ってくる
硬直ダメージも効かない。

トゥカル・バーモル
今まで出てきたような丸くて小さい兵器。ストレートパンチが主な攻撃だが、こいつもビームを撃つことがある。

トゥカル・デーモル
バーモルにツノが生えただけで、攻撃パターンも変わらない。

ヒストリア守護塔
セルト寺院に出てくる遺物と酷似している。近づくとビームを撃ってくる。

ヒストリア境界塔
丸い形をしていて中心には黒い球が浮いている。近づくとオーラをまき散らして攻撃する。
何より厄介なのは、この周りに敵が密集していること。
コメント 0