【GMノート】<黒い砂漠MOBILE :カルフェON宴会>リアルタイムQ&A 2022-01-07 20:00 黒い砂漠MOBILE
 
冒険者の皆様、こんにちは!
 
2021年の12月12日(日)、 <黒い砂漠MOBILE :カルフェON宴会>の生放送が放送されました。
 
放送の中でリアルタイムQ&Aが行われましたが、今から見返すのは大変ですよね。
そこで、皆様が一番気になっていそうな一部の内容を、対応方針別に分けてご紹介したいと思います!
 
 

開発/改善可能な項目

Q. 日本でも開発者トークなどを行う計画はありますか?
A. 日本の冒険者様のための場も設けられるよう、準備します。
 
Q. クラスの特性を考えて、バランスパッチを行ってほしいです。
A. バランス調整を検討する過程で、大きく変化する場合があります。
今後は急激な調整になりすぎないよう、注意して進めてまいりたいと思います。
 
Q. 攻城ギルドは、日曜日のアトマフに参加できません。改善する計画はありますか?
A. 「アトマフ」は拠点を所有したギルドが参加するのが前提となるコンテンツですが、攻城戦を進める過程で拠点が開放されます。十分な考慮が行われなかった事項であり、今後は攻城ギルドも「アトマフ」への参加が不便にならないよう改善します。
 
Q. キャラクターが座るポーズは、いつ頃追加されますか?
A. 可能な限り、早めに追加できるよう準備します。
 
Q. 自由決闘場でキャラクターの性能を試す事ができるダミー(カカシ)はいつ頃実装予定ですか?
A. 今年の上半期以内に実装する予定です。
 
Q. 以前言及された「政治システム」はいつ頃実装予定ですか? 
A. 「政治システム」は、いわゆる「陣取りゲーム」の概念を持つ「アトル戦争」と同時実装する形で計画しています。 
 
Q. [神話]アクセサリーを[深淵]アクセサリーにして、オーラを吸収する過程が長いし不便です。
A. [神話]アクセサリーを[深淵]アクセサリーに交換しないでも済むような利便性の改善を予定しています。
 

開発/改善予定の項目

Q. 「黒い砂漠PC」のアルパカを、「黒い砂漠モバイル」のペットや搭乗物として実装される予定はありますか?
A.  多くの方々がアルパカにご興味を持ってくださっているので、準備します。
 
Q. 下位錬金石を統合する予定はありますか?
A. 錬金石はオプション持ちという特性上、状況によって変更して使う場合があります。
ただ、種類の多さが不便につながるのも事実であるため、混沌錬金石を実装する際、問題解決のための良い方案について考えております。
予定の詳細につきましては、今年の2月頃に発表できるのではないかと思います。
 
Q. 韓国の他、日本と言った海外地域の特性に合わせた単独イベントを行う計画はありますか?
A. 「カルフェON宴会」のような全世界共通イベントの他に、単独イベントの進行が可能になるよう検討します。
 
Q. 「修練の塔」の倍率消費はいつ頃実装予定ですか? 
A. 今年の上半期内に「修練の塔」利用券の消費方式に関する改善が行われるよう、準備します。 
 
Q. 新クラスのリリース日程が気になります(ウィザード、格闘家の覚醒)。
A. 2022年の年内実装を予定しています。
特に、格闘家の覚醒クラスにつきましては、自分の分身を活用する形のクラスとして企画されています。
 
Q. 「砂漠発掘」の価値が曖昧です。発掘の必要性を再度検討してください。
A. 大砂漠には「発掘」の他に様々なコンテンツが存在するため、何かを調整する際はこれらのコンテンツとのバランスを考慮しなければなりません。
発掘や祭壇への奉献など、様々なコンテンツとのバランスを確認、調整していきたいと思います。
 
Q. 「大洋」コンテンツを拡張する計画はありますか?
A. 「大洋」につきましては、コンテンツの強制感を薄める代わりに、新たな海域や船舶など、大洋だけの生態系を作る計画を練っています。
 
Q. 「闘技場」コンテンツで、ギルドメンバーと親善試合ができるようにしてください。
A. 過去に比べ現在はそのような箇所が少なくなっている側面があり、より円滑にご利用いただけるように開発中です。
 
Q. 戦闘力によって、冒険者を制圧した時のペナルティーや、獲得経験値に差を設ける必要があると思います。
A. 冒険者同士の戦闘に関するコンテンツにおいて、得られる要素に差を持たせ戦闘力に関係なく楽しんでいただけますよう、バランスを考慮しながら改善していきます。
 
Q. 「領地:9段階」はいつ頃追加されますか?
A. 以前とは異なる方向性で、変わった楽しさを提供できるよう開発を進めています。
2022年の上半期中に実装される予定です。
 
Q. 対戦が始まると、ターゲットロック設定が自動でONになるようにしてください。
A. 2022年の1月中に改善されるようにします。
 

開発/改善を考慮中、もしくは開発/改善が難しい項目

Q. 衣装の染色部位を、今まで以上に細かく分けてほしいです。
A. 既存衣装の染色部位を拡張できるかにつきましては、確認が必要です。ただ、今後リリースされる衣装は、企画段階からより多くの部位を染色できるようにするなど、拡張に関する検討を行います。
 
Q. ペットの外見にも、クローゼットのような変更システムを投入してほしいです。
A. 時間がかかると思いますが、クローゼットと似た形のシステムをペットの外見に適用できるよう、準備しています。
 
Q. ゲームの設定がサーバー単位で保存されるようにしてください。 
A. 詳細設定がサーバーに保存されると、冒険者様のネットワーク連結に悪影響を及ぼす可能性があります。 
そのため、準備作業に時間がかかると思いますが、簡単な部分から反映できるよう検討していきます。 
 
Q. その日初めてワールドボスに入場する時も、追加入場券を一緒に使えるように改善してほしいです。
A. 「その日初めての入場」と「追加入場時」のマップ情報が異なるため、現状としては改善が難しいです。何卒ご了承ください。
 
Q. 全世界規模のサーバー対抗攻城戦を行う計画はありますか?
A. 地域毎にネットワーク状況が異なるため、国家同士のコンテンツにおきましては大規模なテストが必要な上、確実に断言できないのが現実です。
但し、日本や韓国など、比較的距離の近い地域につきましては、進行を検討できるかと思います。
韓国サーバーを基準とし、先行してワールド攻城戦を行ってから、検討してみたいと思います。
 
Q. 自分のキャラクターが今どこにいるのか、チャンネル情報が分かるようにしてほしいです。
A. 現時点ではお約束できませんが、今後の開発者トークにて確認できた内容をお話しできるよう努力します。
 
Q. 大砂漠モンスターの再登場速度を、もっと早くしてほしいです。
A. 大砂漠は手動プレイに基づいて企画されたため、現在の再登場速度は意図された部分があります。
つきまして、様々な要素を確認した上、再登場速度をより早くする必要があれば、調整を検討します。
 
また精製水の制限時間において、「黒い石祭壇」や「発掘効率」に関する動向が多い事は十分認知しています。
これらの部分に対する検討も、一緒に考慮いたします。
 
Q. 手に入れた「闇の精霊ルーン」が既に持っている物だった場合、他のルーンに替えられるようにしてほしいです。
A. 既存の獲得済みの方々にとっては不公平なアップデートになるため、該当の方法は考慮しておりません。
ただ、獲得したルーンがより価値のある使い方ができるよう、改善策を探したいと思います。
 
Q. 「ナイトメア」など、狩場を戦闘力別にもっと細かく分けてほしいです。
A. フィールドの特徴再調整しながら確認をとり、戦闘力別に有意な狩場になよう検討します。
 
Q. トーテムに確率増加アイテムや復旧券など、強化確率を上げられる方法がほしいです。
A. 既存のシステムを利用した冒険者様にとっては不公平なアップデートになるため、実現が難しいです。何卒ご了承ください。
 
Q. 「闇の精霊モード」と「一般狩りモード」だと効率の差が大きいですが、減らせないのですか?
A. 「一般狩りモード」の報酬は、現況によって効率の差がありますが、「闇の精霊モード」は一定水準に固定されています。
「一般狩りモード」の効率より「闇の精霊モード」をさらに高く設定する事はできません。これは意図された部分です。
ただ、プレイタイムを減らす部分につきましては、現在計画中でございます。
 
※上記の内容は開発段階の情報であり、実装時期につきましては確定次第改めてご案内いたします。
※未実装のコンテンツ名、アイテム名などは現時点の仮名称であり、実装時に変更される場合がございます。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
今後とも、「黒い砂漠モバイル」をよろしくお願いいたします。
「黒い砂漠モバイル」運営チーム
1034
コメント 0